2011年05月05日

第10節 鳥取戦あとがき

※ 非常に残念な事ですが、この節のあとがきは、良い事が殆ど書いて
いません。自分の考えた事を書くのがルールなので書きますが、気分を
害される可能性がありますので、お疲れになりましたらそのままページを
閉じて頂きたく、お願いいたします。
更には、今回対戦のあった鳥取サポーターの方のご購読は全く適さぬ文章
ですから、読まないで頂きたくお願いいたします。

・ まずは何故、サポーターが怒っているのかを知るべきです。
・ このチームは藤田祥史のチームなのだと再認識。
・ 3枚目の交替で、このゲームが終わりました。
・ ボランチが一枚足らない。
・ 誰か、三ツ沢に合うスパイクを飯尾に教えてやってください。
・ 再び、戦える集団に戻るためには。


 敗戦に対し、常に自らの責任として捉えたいと考える自分にとっても、
この試合は本音から言うと背負いたくない、やりきれない敗戦でした。
この試合に関わった監督、スタッフ、選手全員が何故サポーターの皆様
が怒ってらっしゃるのか、ご存知と思いますが、知らない人がいれば
是非知るべきだと思います。
 この試合を短くまとめるならば、遠征距離的に絶対的有利なはずの
J経験の長いチームが、J昇格4試合目のチームに主導権を握られ、
老獪にミスを待たれ、そのミスを突かれたゲームだと思います。
こういう試合展開は、J1昇格時に鹿島さんあたりによくやられた
手ですが、それをこのカードで、この三ツ沢で、10年お世話になった
ヒュンメル様(SSK様)の目の前でやられてしまった事は、屈辱で
あり苦痛でした。
 その前2試合の三ツ沢は何だったのか?平塚は何だったのか?よく
思い返して欲しいし、自分達に要求があるのなら言って欲しいぐらい
です。三ツ沢の魔物は我々ですか?何故三ツ沢で?我々はいいですよ、
雨が降ろうが、槍が降ろうが三ツ沢に来る人達は。でも、ホームゲー
ムしか来れないスポンサー様は?そしてスポンサー様を一生懸命連れて
来てくれた営業のメンバーは?


 本当に、考えて欲しいものです。何をしてくれたのかを。
これは自分一人が考えても、何の役にも立ちませんから。


 さて試合の内容を少しだけ。
藤田祥史が先発にいないと聞いて大きく驚きました。ここまでの公式戦、
練習試合の一本目等、彼がいない試合など考えられませんですから。
ターンオーバーを直感しました。中盤、最終ラインに爆弾を抱える今の
チームにおいて藤田の負担はハンパ無く、試合が詰まる中ありえる選択
でしたが、結果的にこの選択が試合を「捨て試合」にしてしまいました。
 2枚変えとなった2トップは基点とならず、下がる動きが多く中盤と
の連携も悪かったです。その最たる場面は前半の謙介の浮かしたパスが
横浜の選手がいない場所で弾んだ事。あのパスは剛を、そして藤田の
スペースに出していたのですが、2人はどちらも気づいてくれませんで
した。
 後半早々、センターサークル付近で不用意に難波がボールを失い、
先ほどの謙介とそっくりな浮かしたボールに即反応した美尾がゴール。
全く対照的な場面でした。
 ビハインドを抱え、藤田と剛を投入する岸さん。でも、この試合に
関しては遅かった選択でした。前半から運動量豊富な鳥取さんの動き
が鈍り、自陣を固める動きに移っても、我々は最終ラインから攻撃を
組み立てる事しかしなかったのですから。これは前半にすべき事です。
ならば個人で打開を、と考えた時の3枚目の交替は皆様如何お考えに
なりましたでしょうか?チンを入れてボリを一列下げた(右サイド
バック)のですが、この交替で自分はこの試合を諦めました。
前半からボリがボールを持つ時の声援は一際大きく、彼も再三相手を
抜く動きを見せれくれて、サポの期待の存在でした。そのボリが
サイドバックとは。チンが悪いとは言いませんが、右サイドは前が
ボリ、後ろが野崎で2人で動いてもらいたかったのが正直なところ
です。不慣れなポジションで上がれなくなったボリにはため息でしたが、
それはボリを責められないと思います。

 開幕から問題を抱えるボランチ、最終ラインですが、残念ながらこの
試合も及第点はつけられませんでした。ボランチは早々に謙介と高地が
ポジションチェンジ。高地は再三足を(膝?)を気にしていて本来の
動きに無く、今シーズンは特に、ボランチ起用に「らしさ」を見せられ
ずにいました。謙介と争えるボランチの出現を待ちたいものです。
謙介と高地が左サイドを争える様な選手層にしなければなりません。

 最終ライン。戻れない、90分戦えないヤナギに戻り、飯尾のスパイク
は相変わらず三ツ沢に合わないまま。テホンだけが今までの上積みを感じ
られる内容でしたか。ヒロシは残念ながら元通りの受身に戻ってしまいま
した。ヒロシについては、再三変わる左サイドの前の選手との連携、鳥取
さんに狙われた事もあるかなと思いますが、飯尾のスパイクは言い逃れが
出来ないのでは無いでしょうか?ホームゲームで彼が転ぶ事はこの試合が
初めてではなく、むしろ転ばなかったゲームがありません。
是非彼には、周りの人に聞いてスパイクチョイスをやり直して欲しいと
思います。

 最後に。今のこのチームを最も印象つけるコメントがありましたので、
そのリンクをつけて紹介したいと思います。

 こちら

 マサトのコメントは必見です。自分もスタンドから見ていて、前半終
わって「0対0御の字」と言う空気が選手から感じられて怒っていたの
ですが、まんまマサトもその事を感じています。このチームには、意思
統一を図り、モチベーションをコントロールする存在が必要です。残念
ながら、キャプテンが「オレの背中を見ろ」のタイプですから、最終ラ
イン、中盤の副キャプテンがしっかりとコントロールする必要があります。
飯尾、高地の責任は軽くないのですよ。栃木戦までに、纏まった形での
チーム作りを期待します。なんならマサトがでしゃばってもいいんだと
思いますよ。

 最後に、ヒュンメル様におかれましては、絶対我々はお見捨てにならぬ
様、心よりお願い申し上げたいです。10年のご尽力を、こんな泥を塗る
試合にしてしまい、サポーターの一人として心よりお詫び申し上げたい次
第です。我々はもっと、マルハナバチに込めたヒュンメル様の精神を心に
刻むべきです。
posted by futre at 08:54| Comment(2) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。