2011年05月30日

第14節 熊本戦あとがき

・改善が招く功罪
・感じる気持ちの弱さと芸の狭さ
・次の試合へ感じる事

 久々です。
岸さんが戦術をいじると報道で聞いたので、その事を中心に
感じた事を書きます。

 最近は練習にいけず、活字に頼るしかありませんでしたが、
過度なプレスを避けコンパクトに、と言う事でしたので、その目で
試合を見ていました。なるほど、序盤から相手DFに対しFWの二
人はプレスを控え、フィードに対し低く構えています。
この試合、まずは相手FWの長沢を潰して起点としない事が一つ
のキーワードとなっていたので、フィードの入るほうに人数をかけ
られる安心感を感じました。でも、どうしても奪う位置が低くなって
しまい、そこから運ぶ距離が長くなってしまうなと思いました。
プレスをかけるのを減らす分、FWの運動量が攻撃に生きればと
思いましたが、特に後半の様にクロスが入らない状況では、余り
そう言う効果は無かったみたいですね。
 結局は同点後のノリノリの時間帯からは元のプレスをかけるサッ
カーに戻っていた感じを見ると、「状況に応じて」なのかなとも思い
ました。後、FWがプレスにいっていない場面でも最終ラインの動き
がダルい感じになっていた場面もあり、全体的な理解はもうちょっと
かなとも思いました。チームの成熟度の低さをカバーするための
改善と考えると、一歩下がって一歩進んだ状況でしょうか。
 今回の改善+ボランチの交代で、確かにスペースに対する綻び
は小さくなりましたが、守備側の慢心と攻撃のしにくさを感じる今回
の改善と感じました。

 試合は大きく3つに分かれる感じに思いました。

(1)開始〜前半20分:お互いの探りあい
(2)前半20分〜前半終了:横浜の攻撃が生きる時間帯
(3)後半:バタバタ

 (2)の時間帯で横浜が勝ち越していれば、前半終了前の熊本の
得点は無かったと思います。それも実にサッカーらしい流れと言えま
す。(2)の時間帯での左からの攻撃は、唯一スタンドが沸いた場面
でした。左から切れ込んだ高地のシュートは誰かが飛び込んでいれ
ばなぁと思える場面(2009年、味スタのヴェルディ戦での滝澤→大黒
の失点を思い出される場面)ですし、2本のオフサイドのうち2本目
(藤田に渡ったボールがこぼれたのか、パスだったのかの判断次第)
が実に惜しかった。同点だから勝ち越したくて、前半終了前の相手
のセットプレーから跳ね返したボールを5人(もっといました?)で追
いかけた訳で、あの時のギャンブルがハマッていればと思う気持ち
もありました。その全てで我々は不運でしたが、熊本さんが幸運だっ
たかと言えばそうではなく、先制点のミドルはフリーとは言えお見事。
数的有利だった勝ち越し点のつなぎもミス無く見事でした。流れを変
えた武富投入も采配グッドですし、それらを運と言ったら相手に気の
毒と思いました。
 逆に武富投入で自分達の左を封じられてからの横浜は、非常に
バタバタでした。サイドを捨て、中央から入り放り込む。でも弾かれる
の繰り返し。サイドの選手もサイドバックまで中に切れ込み、まさに
「何をしたいの?」と言うサッカーだったと思います。例えれば相手の
王手に対し千日手を繰り出し時間を使い、投了と言う感じでしょうか。
 攻撃のオプションが足らないです。雨の難ちゃんはトラップが上手
で驚きましたが、個人での打開は出来ず。雨と言う事でエデルやボリ
(ドリブラー)を使わなかった事も単調に終わった一因かもしれません
ね。

 次節に向けては、怪我人が徐々に戻ってきてますしまずは今の戦
いを続ける事だと思います。麻溝で見た限りではヴェルディさんは
我々に似た、我々のやりたい事をやろうとしているチームに見えます。
そろそろ中盤で圧倒するゲームが見たいものなのですが。
posted by futre at 10:28| Comment(2) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。