2011年10月07日

筆記練習:天皇杯2回戦 松本山雅戦まえがき

 久々に練習程度にまえがきを書いてみました。
コメント欄は当方のコンディションが悪いため引き続き、閉鎖を
続けます。ネット上でのバッシングと言う心無い事がこの世から
無くなってくれる事を祈るばかりです。

 さて、まずは対戦相手である松本山雅さんの前の試合(MIOび
わこ戦)のメンバーを振り返ります。

GK 白井
DF 織戸、飯田、飯尾、多々良
MF 久富、須藤、弦巻、大橋
FW 片山、船山

リザーブ:GK山本 DF玉林、イジョンミン MF北村、木村、渡辺匠
      FW 塩沢

 見事なほど、Jを経験した選手の集まりである事が分かります。
自分が今年、山雅さんを見たのは2試合、御殿場での練習試合
と対町田戦です。練習試合は松田がいて(ボランチとして出場)、
逆に町田戦は飯尾がいない頃なので、最新の状況は分かりません
が、2試合で共通するのは中央、そして最終ラインが比較的に弱い
印象があります。チーム全体でがっぷり四つで組み合うと、結構
手ごわいチームです。でも、前線にプレスをかけたり、強力なストラ
イカーを擁しカウンター勝負と言ったスペースを限定した戦い方で
仕掛けられた場合、ここら辺の弱さが気になる印象です。
 強いチームともそこそこ良い勝負が出来る反面、極端な戦い方
をする格下なチームと戦う時に弱さが見えてしまうのでと感じました。

 J2下位である我々が前者なのか?後者なのか?なのは読み手の
皆様のご想像にお任せするとして、更に感じるのが、この中央、
最終ラインの弱い部分が結構我々も同じ弱点を持つ印象なのかな
という事です。我々の潰し方(我々から見て潰され方)も非常に明快
で、プレスをかける中で生じるビルドアップやパスのミスをさらい、
山雅さんで言えば木島兄にそのボールを渡すショートカウンターを
続けて先制点を取れば、終始山雅さんのコントロールにて試合で
試合を終わらせる可能性が結構高いと思います。

 横浜側の注目点は、カイオがどこのポジションを務めるのか?
だと思います。前節の札幌戦では、ボランチカイオが機能し試合を
握りましたが、前線での得点不足に悩む状況に陥りました。
高地が戻る事でカイオを前線に戻せば前線の迫力は増すものの、
今度はボランチの弱さが露呈する事に。非常に悩ましいです。
山雅さん相手に我々が「弱者のサッカー」を仕掛けるとすれば、
またもカイオをボランチにして、中盤を制圧とビルドアップの強化を
図るのが一番確実に思えてきました。
 この場合は、本当に得点力不足が悩みです。フランサ、エデルを
先発させ、カイオからのホットラインをつなげるのがいいのかなと
思いました。藤田、難波、カズさんの誰か一人でも、好調だと良い
のですが。
 岸さんが高地が戻る事で元に戻すと考えるならば、カイオとフランサ
を前線で先発にし、得点差をつけた所で難波を投入、鬼プレスで
相手の最終ラインの弱いところを突ければ、帰りのあずさ車中が
楽しくなる様な試合展開で帰れるのではないでしょうか。

 山雅さんで怖いのが木島兄(弟徹也は出場停止)、そして大橋から
繋がる長身FW(片山、船山、塩沢)でしょうか。中盤の須藤の切替の
悪い部分を突いてボールを取るのが我々の最大の取りどころ、それ
と久富へのサイドチェンジをカットするのも比較的なので、狙いどころ
です。弦巻も決して強いほうでは無いので、狙い目です。
最終ラインは飯尾の裏、飯田の足元、あと先発ならイ・ジョンミンとの
一対一も結構狙えます。渡辺匠が頭から出なければ、バイタルでの
守備が甘くなるので、打ってもいいし飯田側の足元に縦パスでもいい
ではと思います。

 この試合は天皇杯を勝ちあがるより、我々の何かのきっかけにした
い試合です。結果は勿論、内容も何らかの成果を持ち帰りたい試合
だと思いますので、明日はしっかりと応援してきます。
posted by futre at 12:24| サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。