2012年05月13日

背番号「9」 飯田健巳

 あれは2009年シーズン前の東戸塚でしたね。
いつも居残りを最後までやる択生の脇に択生と
同じ、いや少しでかい男がいたのに驚きつつも
会話をしました。身につける練習着の番号は「9」
アンデルソンのものを着ていた彼は一見して練習生
だと思いましたが、当時GK四人制を敷いたことの
無い横浜FCが彼を採用するとは思えなかったながら
もしばらく話をしたものです。名前、旧所属、
出身大学など聞きながら、益々厳しいかもと思う
気持ち半分と彼の真面目な一面を非常に好きになり
受かればいいなと思う気持ちが半分覚えました。
サイン待ちの子供に対し、「このお兄ちゃんは代表に
なるからな」と択生のサインを勧めるも、やはり
自身のサインをせがまれ、「背番号。。。無いん
だよな」とサインだけ書いて返すも番号せがまれて
「じゃあ今日は9にしよう」と色紙に全部9で
通してサインしてました。

 受かったら横断幕作るから、と言う自分の申し出
に喜びながら、多分信じては無かったでしょう。
後日、本当に作って持って行った時はそのエピソード
を「忘れました!」と言いながらさらに後日、
「本当は覚えてますよ」と言ってくれた事が嬉しい
かった。この一年、その真面目さで択生と変わらぬ
居残りをこなし、GKコーチがいなかった大学時代
のハンデを埋めようと励む彼。しかし四人制の
壁厚く2年連続となる契約満了は辛かったなぁ。
最終戦は雨。でも、幕は最後までと思ったから
ずぶ濡れにしても出しましたよ。そんなずぶ濡れ
幕を「欲しい」と言った彼。後日乾かして渡しに
行ったっけ。

 あれから3年、とうとう明日は正GKとなった彼
との初対決。負けらんなよね。負けないよ。
今はその気持ちで試合に臨みます。
posted by futre at 00:22| Comment(2) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。