2008年08月09日

ふるさと納税。。。

ネタ元はこちら

 常々思うことなのですが、心の底から
愛せる故郷のある人が羨ましいです。
幼少の頃を過ごした現在の東松島市(旧矢本町)、
10歳から19歳まで過ごし、現在の本籍と
なっている多賀城市、20歳の居住地の山形市、
21〜23歳で思い出の多い米沢市、24〜26
歳の住所でサッカーと出会った川崎市中原区、
26〜29までは宮城県村田町、30歳から36
歳は仙台市太白区、そして現在の福生市。
 今までの引越し回数を数えると、町内引越しを
含め11回。いったいどこが故郷なの?って言い
たくもなる状況です。
(出身地としては本籍地で、実家のある多賀城市
だと思っていますけどね。。。)

 少なくともここまでサッカー中心の生活を送っ
ていると、現在の山形県や宮城県には感情移入
出来ないですねー。やっぱり一番心を許せるのは
現在の福生市でしょうか。
 70年代、80年代の仙台市、石巻市には異常
と言われてもしょうがないぐらいの郷愁を覚える
のですが、過去には戻れないし。たまに仙台の街
に行っても昔の思い出探しばかりしているし。

 私の故郷はどこ?

 それはサンエー、エンドーチェーン、ショッパ
ーズ石巻があった頃の石巻市、そして丸光の屋上
で荒城の月が流れていた頃の仙台市、と言いたい
のですけどね。

 あぁ長い独り言。今、妻の出身地の代表の佐賀
商を応援している管理人でした。

posted by futre at 11:45| Comment(0) | 生活の中から。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。