2008年10月09日

胴上げ阻止は蜜の味

 1986年だったかなぁ。。。
槙原からブロハードが起死回生の一発を放って、ジャイアンツの
優勝を止めた事が未だ記憶に残ります。でもそれ以外の年は
胴上げに立ち会った試合が多いんですよね。。。スワローズは。
(前年の85年なんて、中西に打ち取られた角のピッチャーゴロは
未だに度々放映されている始末だし。。。)

 すでに優勝の目(もしくはCS出場の目)が消えたチームにとって、
胴上げ阻止ってのは(低レベルだけど)目の前の目標に成り得る
と思います。明日からはマジック2のジャイアンツと神宮連戦です。
今日も横浜さんが頑張っていますので、後はタイガースさんが負
けない事を祈りつつ連勝で胴上げを阻止したいってのが燕党の
偽らざる本音だと思います。

 判官贔屓。

 私がスワローズファンになったのは判官贔屓では無く、野球を
見始めたその年に強かったチームだからと言う理由でしたが、
それから長きに渡る低迷期のおかげですっかり判官贔屓が
身についてしまいました。胴上げ阻止こそ弱者の特権ですから。

 子供の頃に読んでいたマンガに、強烈な胴上げ阻止のシーン
があるマンガがありました。
(その本は今実家にあるため、以下の文は記憶で書きます。
よって事実と違う点を多く含みます。)

 水島新司先生の「球道くん」ですが、私はこの本を主役の球道
では無く、その義父の中西大介に感情移入して読んでいました。
彼は奥さんとの結婚の条件で当時身寄りのなかった球道を引き
取って義父となったのですが、性格は豪快無比、そしてスケール
の大きなキャラクターでした。
 結婚当時はノンプロの未完の大器だった彼は、結婚を機に一念
発起し都市対抗野球で大活躍。その実績を買われて弱小球団
「小倉イーグルス」に入団します。連敗続きのチームで一人、
ファイティングスピリッツ豊かに気を吐く彼でしたが、そんなイーグ
ルスに最悪のシチュエーションが訪れます。
 当時最強の阪急ブレーブスがマジックを1とし小倉に乗り込んで
来たのです。3連戦。ひとつ落としても胴上げを目の前で見る状況
で、彼の代打での活躍と富島監督の「全員野球」采配が冴え2連
勝で3戦目を迎えます。
 その3戦目もシーソーゲーム。試合経過は劣勢だった2位チーム
も富島監督曰く「勝って胴上げはさせん」の気合に応え逆転する中、
あとは自分達が勝てば胴上げ阻止達成と言う状況。
 試合終盤で富島監督が投入した最後のベンチ入り投手に、
アクシデント発生!ベンチをまたいだ瞬間に起こしたぎっくり腰
で登板が出来ない羽目に。そこで富島監督はベンチに残る大介を
ピッチャーとして起用します。監督の賭けに応える形で、外野手肩
を活かしツーアウトにこぎつける大介。あと一人は故障を抱える
大隈なので「いける」と思った大介にたいし、阪急上田監督は温存
していた代打の切り札高井を投入。大介の球を飛ばした大飛球
がザル守備で有名だった選手の守る外野へ飛ぶ。その外野手に
細かな指示を与える大介。大飛球は奇跡的にフライとなる。
 その裏の回は3人目に大介が回る好打順。これは敢えてここに
大介を入れた監督のファインプレーなのですが。で、この回に得点
出来なければ阪急の胴上げと言う場面で上田監督は、同じく温存
していたエース山田を投入。本来はアンダースローの苦手な大介
であったが、ここで打たねば男がすたると山田からサヨナラホーム
ランを放ち3戦連続胴上げ阻止を完成させたのです。

 但し、この大介投手起用と成績低迷がたたり富島監督は更迭が
決まり、大介もチームを離れると言う人生ドラマが続くのですが、
この壮絶なシナリオを子ども心に見て以来、胴上げ阻止は自分の
中では大きなものとなりました。

 2連戦。スワローズは意地を見せられるでしょうか?
posted by futre at 20:55| Comment(2) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ストーリーはほとんどそのままでしたよ。先日私も実家からその漫画を引き上げてきたばかりなので確認しました。中西大介は3試合連続のサヨナラホームランだったんですよ。ホントなら球史に残る大偉業ですよね。私がこのシーンで印象的だったのはどのホームランもスタンドはガラガラ・・・でも中継を聞いていた街中がその瞬間大いに湧き上がる・・・(ひょっとしたらあのお店だけかもしれないけど)いつか横浜FCも街のそんな存在になって欲しいと思います。

ところで現実の方ですが、レギュラーシーズンの優勝ってホントにどんな位置づけなんでしょうね。昨年の例もあるしやっぱり最後を締めた方が気持ちもいいし、みんなの記憶にも残る。少なくとも昨年そんな想いをした読売さんの事だから、そこで1位を決めても喜び露わにする訳にはいかないでしょう?・・・と言う事で勝手にして頂戴!ってのが私の想いです。もちろん勝負にはこだわりますが。頑張れスワローズ!
Posted by 倒壊帝王 at 2008年10月10日 00:07
倒壊帝王さま

 おっ単行本をお持ちでしたか!確認ありがとうございます。
何しろ私が読んだのが20年以上前ですから、自信がありません
でした。でも概ね合っていた様で安心しました。

 小倉イーグルスはクラウンライターライオンズとのダービー
と言う盛り上がりもあったかと思いましたが、クラウンが埼玉に
売られてしまった事で、日ハム編以降小倉イーグルスも取り上
げられなくなって残念ですが、イーグルスの魅力=富島&
「巨砲」中西大介でしたから、お二人がチームを去る事で取り
上げる価値が無くなったのかもしれませんね。

 で、胴上げ阻止意識の現状ですが、「むしろ選手にナベの胴
上げを見せたい」と言ったノムさんが胴上げ阻止して喜んでし
た様を見ると、きっと高田さんも同じなのかなと思います。

 今日は先発のゴンザレスと好調な打線、そしてガチガチムー
ドの相手さんの空回りに期待します。今日スワロースと阪神さん
が勝てば、明日は自力で胴上げ阻止可能です。

 そして私は目の前の胴上げさえ阻止できれば、ぶっちゃけ
先のリーグ優勝やCSの行方なんて全くどうでもいいです。
私にも相当富島イズムが浸透している様で(笑)。
Posted by futre at 2008年10月10日 11:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。