2008年10月14日

6年振りのお誘い

 何の気なしに同僚と話していたら、6年振りの懐かしいお誘
いを受けてしまいました。懐かしいと言っても断り前提のお誘
いなので、気持ちの良いお誘いではありませんでしたが。

 その内容は、「レースオフィシャル」へのお誘いでした。
話によると、某スピードウェイ(全然某になっていませんが)で
オフィシャル増強の話があるらしく、レースに興味のある未経
験者と私の様な「予備役」的なリタイア者に声掛けをしている
そうです。私のレースオフィシャルのキャリアを知っている同僚
自体が非常に珍しい存在なのですが、オフィシャルを辞めた
理由をサッカーの話を抜きに端的に話し丁寧にお断りいたしま
した。

 私がレースオフィシャルを辞めた理由は二つ。「義務感」が
負担になっていたのと、サッカーを追いかけたくなったからです。
義務感については、テキトーでは無く真面目にオフィシャルをした
人なら誰しもが通る道だと思います。レースやジムカーナ、ダー
トラはもちろん、地域のレース場やオーガナイザー主催の所謂
草レースと言われるものまで、毎週末どこかの場所ではレース
が行われている訳であり、それに必要なオフィシャルは争奪戦
になるのですが、これはオファーを受ける側がそれぞれの尺度
でここまでは受ける、ここからは断ると線を引かないと大変な事
になります。
 自分の場合はキャリアが進むにつれJAF戦(GT、Fポン、スー
パー耐等の全国戦+地方戦)と同じくJAFのジムカーナ、それに
非JAF戦であるレース場開催の草レースに引っ張られていたので、
毎週末土日が無い状態でした。一度広げてしまうと改めて線を
引くのは大変で、「私は辞めます。」って一斉に宣言したほうが
中途半端に続けるよりすっきりするし、何より今までのオフィシャル
のキャリアに「もうやり遂げた」って満足していましたからね。

 現在では資格も更新しなかったためただの無資格者ですから、
今更資格取り直して車両規則頭に叩き込み直してをして、
タイヤマーク等の丁稚からやり直せるかって言われれば、その
後にある「土日無し」の展開も見えているし、正直無理って感じ
です。何より、今のサッカーライフがまだまだ不満足ですしやり切
れていませんから。

 今でもたまに夢に見ますし、もう一度やってみたいって気持が
無い訳では無いのですが、今はまだまだサッカーの方が最優先
ですね。自分には。
posted by futre at 10:23| Comment(0) | 実はエンスーだったりします | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。