2008年12月29日

雪辱を果たした有馬記念

 中山9レースのウォータクティクスが競りかけられる
事無く万全に逃げ切る様を見て、有馬記念もそうなれば
いいなと思います。そして、私が応援していたダイワメ
ジャーの妹、ダイワスカーレットの逃げ切りは天皇杯の
雪辱。そういう意味で、良い有馬記念だったのだと自分
は思いました。

 悔しい思いが自身を育て、また成長出来る。チームを
投げ出す選手がいれば、その悔しさでチームをより高い
ものに育てていく。そんなサポーター人生の良い希望を
持てた様な気がします。

 ハングリー精神を持った選手求む!悔しさを跳ね返し、
栄光をつかもう!
posted by futre at 12:03| Comment(0) | 馬、優先主義. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。