2009年02月02日

メダル制でネルソン・ピケの3回のチャンピオンが無くなるなんて良く言ってくれたと思う。

ネタ元はこちら

 タイトルを取ったドライバーの中で、一番
ピケが大好きな自分にとってみれば、こんな
ばかげた議論は無いと思いました。

 彼はその年毎のルールに従ってチャンピオン
を取ったまでの話で、あと付けのルール変更の
話を当てはめても、彼の栄光にケチをつけるだ
けです。

 例えば、「ライトスタンドに入った打球は全
てアウト」としたルールを王貞治の過去のタイ
トルに当てはめると、一回もホームランキング
を取れないのと、話は同じです。

 そこまでしてメダル制を否定しなくても。。。
posted by futre at 20:30| Comment(2) | 実はエンスーだったりします | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>そこまでしてメダル制を否定しなくても。。。

いや全く逆で、記事ではメダル制をこの結果を以って肯定していますよね。

「ネガティブな要素よりポジティブな要素を感じた
「変わってくるリザルトの多くが正しい結果である」

メダル制を推進しているのはバーニーですから。
それにしても過去60年で13回もチャンピオンが変わってしまうのを
いちいち穿り返しても何の意味もないと思うんですけどね。

個人的には、全てのグランプリの走行時間を足せばいいのでは?なんて
とんでもないことを考えていたりますけどね(笑)
リタイアは全部2時間計算で。追い越しされても、とにかく規定周回走らせる。

まるでツール・ド・フランスですね。
Posted by おかき at 2009年02月03日 05:45
おかきさま

 コメントありがとうございます。
あれはメダル制に対する肯定記事だったのですね。
勘違い失礼いたしました。

 自分はメダル制は行き過ぎだと思っていて、オーバ
ーテイクを増やすためには、懐かしの有効ポイント制
復活がいいかなと思っていたのですが、エンジン基数制
限のルール変更等あったので、それも難しいかな。。。

 走行時間が一番短いドライバーがチャンピオンって
それおもしろそうですね。セーティリードを得たレース
終盤でもクルージング走行は許されませんし、ウェバー
みたいなステディなドライバーがランキング上位に上
がってくるかもしれませんし。
 ウェットレース宣言されたレース(2時間ルール適用の
可能性あり)でのリタイア者は2.5時間加算ぐらいにして、
1987年あたりにこのルールが適用されていて、しかも
この年のレースが全てウェットだったとしたら中嶋父が
チャンピオンに。。。
 あ、こんな想像は昨日の自分の意見を否定しちゃって
ますね。重ね重ね失礼いたしました^^;
Posted by futre at 2009年02月03日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。