2009年06月14日

その悔やまれる死

 今日、ある事をきっかけに、2年ほど休眠していたPCが目を
覚ましました。5ギガしかないCドライブが一杯になり立ち上が
らなくなったPCをセーフモードで立ち上げて、クリーンアップ
したらあっさりと立ち上がる様になったので、2年ぶんのアッ
プデートを行っていた合間に見たYahooのトップページに、
目を留める記事がありました。

「三沢光晴、試合中に倒れる」

 2000年6月、それは自分がプロレスを失った時期でした。
今日のプロレスは何時かな〜って新聞のテレビ欄を見たら、
全日本プロレス中継に「終」の印がついていて、それは自分の
頭をぶん殴る事態でした。四天王が健在の今、何故終わるのか?
それはその夜の放送を見て分かりました。馬場さんが亡くなって
一年半年足らずでの独立。しかも全日の命運が尽きかねない
大量離脱とは。四半世紀続いた全日本プロレス中継が、テロップ
一つで終わってしまった悲しい夜でした。あの日は悔しくて
ベロベロに酔っ払いました。そして、この日を境にプロレス
は観戦どころかテレビ中継すら
見なくなりました。その悔しさの中心にいたのが三沢です。

 それから10年弱。あの日手のひらを返した様にノアに乗り換
えたテレビ局が、今度はノアの地上波中継を打ち切ると新聞
で見たのはつい最近。社長として焦る気持ちはあったでしょう。

 その頃には自分も昔のわだかまりが解け、当時の三沢達の
気持ちも理解できる様になった事から、恨む気持ちよりがんばっ
て欲しい気持ちが強くなってきた矢先の今回の悲劇。何か、
2000年当時に負けないぐらいのやり切れ無さを感じています。

 馬場さんが育てた選手達が何故こんなに短命に行ってしまう
のか。天国の馬場さんはどう感じているのでしょうか。
鶴田の時もめちゃくちゃ悔しがったけど、今夜もとてもやり切
れない気持ちです。せめて、ノアで育った選手達が後を継いで
光り続けてくれる事を願います。

 三沢光晴選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
たくさんの感動をありがとう。
posted by futre at 01:13| Comment(4) | 明るく!楽しく!激しく! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はスポーツ紙のサイトで「心肺停止状態」との一報を見まして、どうか無事であってほしいと願っておりましたが、それが叶わぬことなく逝ってしまいましたね。。。

>せめて、ノアで育った選手達が後を継いで光り続けてくれる事を願います。
社長としてはまだまだやらなければならない事は沢山あっただろうと思います。 その思いを受け継いでNOAHが発展し続けてくれることを願います。
Posted by たけじろう at 2009年06月14日 22:22
私もショックでねぇ〜…
夕べ、テレビのテロップで見てから、信じられなくて、ずっと何処かの番組で詳しくやらないかとザッピングしてたけど、今朝は、新聞記事見て『やっぱり変わらない事実だったんだと』涙がぼろぼろ溢れて来て、落ち込んでしまいましたよ。

三ツ沢に行く気さえ萎えちゃったんだけど…仲間内でのイベント事があったから、行かなくっちゃって自分に喝入れて、結果、行って良かった。
行かなかったら、みんなに会わなかったら、余計に落ち込んでしまっただろうから。
そのくらい、三沢を最強のプロレスラーだとリスペクトしていたんだな…こんな形で死ぬなんて信じたく無いっていうか…
そして、今日うちらが勝って良かったと本当に心から思ったよ…私、救われましたよ。


あぁ…でもなぜ…三沢が逝ってしまったんだろう…
とても辛い…
Posted by しろみちゅぁん。 at 2009年06月14日 23:28
たけじろうさま

 コメントありがとうございます。自分の心の中のプロレス
は、中心に馬場さん、そして鶴田がいます。(他団体に対する
リスペクトの念も忘れてはいません。)
 それは、例え団体が分かれても四天王が頑張ってくれる事
で、馬場さん達への気持ちも今も続いている様に思えるのです。
 馬場さんが鶴田に課した英才教育、そして鶴田が四天王に体
で教えた王道。その王道のDNAがこれからも彼らから受け継いで
欲しいと思っています。
Posted by futre at 2009年06月15日 07:29
しろみちゅさま

 コメント感謝ですm(_ _)m
本当に辛かったです。もうあのエルボーもタイガードライバー
も見れなくなるとは、本当に残念です。たまにテレビで家族の
様子が紹介されていた事を思い出し、また辛くなってしまいました。

 昨日の勝利は救われました。自分もそうです。ありがたかったです。
Posted by futre at 2009年06月15日 07:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。