2009年09月17日

ロータス、名前だけ復活

ネタ元はこちら

 実態はイギリスF3のライトスピードの昇格ながら、
一応親会社プロトンの本拠地マレーシアの援助もあり
いずれはにオールマレーシアのチームになるなんて
記事もあり、はっきりとした実態は見えていません。
ただ、ビッグネームとしてテクニカルデザイナーに
マイク・ガスコイン、コマーシャルアンバサターと
してあのジョニー・ハーバートが起用されるなど
予定されるコスワースエンジンを除き成功の糸口が
見える様な気がします。

 代表とされるトニー・フェルナンデスなる人物も
マレーシアの富豪だそうで、開始数年間の苦しい時期
を耐えて続けてくれればきっと陽の目を見ることも
あるでしょうし、私も長きロータスファンの一人として
久しぶりにより深くF1を興味強く見る機会が増えると
思います。
posted by futre at 10:25| Comment(0) | 実はエンスーだったりします | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。