2009年12月16日

さようなら、仙台ホテル

 故郷の話題にどんどん疎くなる管理人ですが、河北新報の
web版は定期的にチェックを入れていました。その中で仙台駅
前の象徴のひとつである仙台ホテルが年内で営業終了となる
話題がありました。仙台ホテルは仙台を代表する老舗のホテ
ルで、丸光(現在のさくら野百貨店)と向かい合い青葉通りの
顔となるホテルでした。地元民である自分は泊まったことはあ
りませんが何回か頼まれて予約を取った事はあります。
根強いファンも多かったと思います。「感謝の宴」は地元財界
の音頭で行われ、またも消え行く仙台の顔を偲ぶ会となった
様です。

 Wikipediaを参照すると、現在の建物は1935年に建築したも
ので、歴史的な建造物と成り得る可能性のあるものですが、
駅前超一等地である上に営業せねば不健全な廃墟となる
ホテルの悲しい運命に従い、解体の憂き目に遭う様です。
記事によると、跡地は暫定的に低層階の商業施設が建つ
ものの、将来的には隣接するGSビル(これも市民には思い
入れのある旧日之出興業ビル)もろとも大規模商業ビル
に生まれ変わる事も模索しているとの事でした。

 日々生まれ変わるのが都市のさだめ。減りつつある客層
を取り戻すためには新たな大規模ビルが必要である事も
確かですが、順番を待つかの様に徐々に消えていく仙台の
味わい深い建物の悲しい運命を思うと悲しくなるのも確か
です。

 ひとつの明るい希望としては、将来的にこの場所でホテル
が開業された場合、名称が引き継がれる可能性があるとの
事。せめてこの名だけでも残って欲しいと思うのがファンとし
てのささやかな願いとなります。
posted by futre at 08:40| Comment(4) | 生活の中から。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに閉店ですが。
確かに設備の古さはありましたが、老舗らしい人当たりの良さで居心地のいいホテルで、仙台戦の折に何回かお世話になりましたが。。。
大阪ホテルプラザ・札幌ローヤルホテルとか、古き良き時代のホテルが消えていくのは残念です。
Posted by おいちゃん at 2009年12月16日 22:49
仙台ホテル、終わっちゃうんですね。
もう10年以上も前のことですが、仙台勤務の頃、事務所が青葉通りにあったものですから、本社から出張で来る人を迎える際、食事や宿泊でお世話になったものです。(もちろんボクも泊まったこと無いですけどね)
伝統のあるホテルが店を閉じてしまうのは、残念です。
Posted by おっとり at 2009年12月16日 22:58
Mさま

 コメントありがとうございます。
仙台ホテル常連と言えばMさまをおいていらっしゃいません。
出張者に対するホテルセレクトのうち、仙台ホテルは中国の要人
や取締役クラス、あとは歩く事を好まぬ方々に対し使っていま
した。表だってのクレームは頂いた事ありませんでした。

代わりになるホテルが頭に浮かびません。残念です。
Posted by futre at 2009年12月17日 22:03
おっとりさま

 コメントありがとうございます。新宿が凄く恋しいです(>_<)
おっとりさまも仙台ホテルをご存じなのですね。まさか仙台に
いらっしゃったとは知りませんでした。X橋、第一ビル、そして
仙台ホテルと、消えゆく仙台の情景を思い浮かべている今日この頃
です。屋台も無くなっちゃいましたよねたぶん。
Posted by futre at 2009年12月17日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。