2010年01月21日

JR東日本、土日きっぷを廃止

 深夜バス(自分はサコにかけて深也バスと呼んで
いましたが)と並ぶ自分の以前の移動手段であった
JR東日本の「土日きっぷ」の廃止が発表されました。
土日きっぷはご存知の方も多いと思いますが、JR東
日本内の新幹線も含む区間を土日二日間乗り放題
となり指定券も4枚ゲットできるキップで、以前は首都
圏限定で16,000円、そして東日本管内で18,000円で発
売され好評だったきっぷでしたが、ベガルタ仙台さんの
J1昇格によりその存在意義が失われた形となりました。
(それは冗談)

 後継は運賃のみのフリーパスの「ウィークエンドパス」
が発売され(大人8,500円、子供2,500円:新幹線等は追加
料金にて乗車可能)、会津鉄道への乗車も可能との事です。
東京〜仙台間の片道の新幹線自由席が4,300円なので、
仮に仙台まで行って帰ってくると17,100円。指定席
(4,810円)だと18,120円ですのでこれは新幹線を使う殆ど
の場合は値上げとなりますね。残念。このウィークエンド
パスを新幹線に使わない乗客は多くないと思いますので、
消費者にはお値ごろ感が下がる印象だと思います。

 以前は宿代を浮かすために、土日に横浜に用事があっ
たにも関わらず仙台の自宅に寝に戻ったり(土曜日、日
曜日の新幹線往復)、土曜に横浜、翌日曜日に新潟に向
かったりとフル活用していた土日きっぷですが、無くなる
といささか寂しい感じとなります。デフレの勢いに逆行す
るこの流れは、特殊キップを減らしコスト削減を図る考え
と、土日高速一律1000円の見直しもあっての事かもしれ
ませんね。使い慣れた土日キップが無くなる残念さと、
足元を見られた様な残念さが入り混じった今の気持ちで
す。
posted by futre at 20:53| Comment(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。