2010年05月25日

訃報

こんばんは。futreです。ふざけているのでは無く、
挨拶は欠かしてはならぬと言う故人の教えに従いました。
ラッシャー木村さんが亡くなったと今知りました。頑な
に全日派を通したの自分にとっては、彼を見るために
こだわりを捨て新日を見ていた時代もあった程好きな
レスラーでした。
謹んでご冥福をお祈りすると共に、富山大会にてテンカウントを挙行下さるノアの皆様に感謝いたします。
兄貴や熊さん、ジャンボに三沢のいる四角い天国で、
安らかにお眠り下さい。

追伸

 本当はblog更新を控える事で喪に服したい気持ち
ですが、チームが上がり調子である事から何か
別な形(追悼記事など)で哀悼の意を表したいと
思います。
posted by futre at 01:39| Comment(2) | 明るく!楽しく!激しく! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私も周りが猪木やタイガーマスクに夢中な中、頑ななまでの全日派でした。
(「尊敬する人」とか書く欄に「ニック・ボックウィンクル」とか書いてましたので・・・(笑))

そんな私にとってもラッシャー木村さんの死、ショックでした。
昭和プロレスの生き証人がまた一人、減ってしまいましたね。
きっと今頃、あっちの世界で「兄貴!やっとこっちに来たよ!」とか楽しそうにやってるんだと思いますよ。
頭突き、逆エビ、ブルドッキングヘッドロック・・・
本当に沢山の青春の思い出をくれたレスラーでした。
ご冥福をお祈りします・・・。
Posted by ゆうじさま at 2010年05月26日 03:26
ゆうじさまさま

 コメントありがとうございます。初めまして。
当時の自分は屈強なレスラーが好きでした。木村さん
もその一人だし、全日の外人なら超獣コンビや
殺人魚雷の4人は大好きでした。シングルなら
ハーリー・レイスでしょうか。木村さんとの出会い
幼少期にテレビで見た国際に始まり、そのまま
団体を追いかけてみてました。団体のエースとして
本当は馬場さん、猪木さんと並び称されなければ
ならぬ立場に思うのですが、新日〜全日でのマイ
クパフォーマンスが有名すぎて金網の鬼と評された
並外れたパワーと体力、そして実は長けていた
サブミッションあたりは彼の一般的な評価からは
外れてしまってましたね。

70過ぎてもマットに上がったシークの例もありま
すし、食生活から来たと思われる病魔がなければ
まだノアに上がっていたかもしれませんね。


残念の一言です。
Posted by futre at 2010年05月26日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。