2010年11月27日

第37節 草津戦まえがき

・今旬!草津さん躍進の理由
・キープレイヤーは菊池大介。彼が中に入る時に止める選手の存在が。
・高田の嗅覚は不変。キッチリカバー。
・最終ラインの裏で勝負したい。

 ここに来て甲府さん、千葉さんを撃破。前半戦に戦った草津さんとは
全然違うチームになってますよ。
草津さんはどこのチームにも先駆けて非更改選手を発表(11/18)。
尾本、廣山、高田、秋葉らの主力を含んだ発表はもちろん、どこのサポ
ーターにも先駆けて草津サポを襲ったのですが、彼らを含む草津さん全
体でその事実を受け止め、彼ら主力を変わらず起用し続ける事で残り少
ない試合の価値を高め、高いモチベーションで戦っています。
 更にはセンターバックのコンビネーションと選手層が厚くなった事から
甲府戦ではワンポイントで長身のダニエルを使うなど、相手チームにあ
わせる選手起用を見せています。攻撃的なボランチはより前に出られ、
サイドバックの上がりも見せ、攻撃的な裏を突かれる昨年の欠点を完全
に払拭した感があります。
 千葉戦も上げたラインからセカンドを得、相手のバイタルを徹底的に
使う圧倒した試合でした。

 その中でもキーとなる選手は廣山では無く菊池だと思います。
彼が中に切れ込み、放つミドル、更にはそのミドルのこぼれ球を詰める
FWの存在があり、攻撃力は非凡なものとなっております。バイタルで
彼を自由にせず、潰しこむ中盤の存在が草津さん攻略のキーと考えます。

 2トップのアレックスは本来MF登録。しかし長身な上ボールへの
反応が良く、神出鬼没な位置取りに要注意です。そして何より今年で
チームを去る高田。菊池とのホットラインでつながれる縦パスに対する
反応は全く衰えを見せません。最終ラインの集中力の保持力が試されま
す。

 我々もサイドを突き、出来るだけ彼らのサイドの裏で勝負したいところ
です。続けてサイドバックに戻る動きをさせる事でラインを下げる事を
続けたいところです。逆に我々が間延びしてしまえば、それこそ中盤の
攻撃陣の思うままです。勢いを止めるには、それだけの頑張りが必要です。
我々の応援で、選手を鼓舞しましょう!

 
posted by futre at 10:59| Comment(0) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。