2011年03月10日

大分戦、どうでしょう?

 J2からJ1へ、そしてJ1で定着しタイトルを奪取した大分さん。
自分としてリスペクトしているこのチームとの戦いは、まさかの
第2節アウェイと言う事で今年も現地へ赴けず、スカパー観戦
予定です。。。

 第1節の様子は、自分がバタバタしすぎて全然勉強できて
いません。ワントップの451ですか〜西と前俊が縦の関係?
すみません。。。全くの未勉強です。

 逆に横浜の第1節を見れば攻略法は実に簡単で、最終ライン
へ前からドンドンプレッシャーをかけて、特に真ん中でデカモリシ
がセンターバックと競る形にしてこぼれ球を拾う形にすれば
良い感じもします。(って、どっちの味方なんでしょう。。。)

 一昨年の甲府の森田、や福岡の大久保と、ここ数年ラインが
高い形を取る横浜に対し長身のFWを中盤に起用し、セカンド
ボールを拾うやり方をしているチームが多く、それが第1節の
黒部だったと言う訳です。飯尾がラインを統率し、中野の足も
生きるはずの今のセンターバックのコンビ、しかし高さとフィジ
カルを突かれる事となり、黄色信号の状態です。
 
 自分としてはテホンを使って欲しい。ここでテホンを使う気が
無いのなら、本当はA契約のアジア枠選手を獲るべきだったと
思うんですがね〜是非是非テホンを!
テホンと飯尾が不安なら、テホンを一列前のボランチに起用
しデカモリシをケアする事により、ファビーニョも動きやすく
なるし、最終ラインも安定すると思うんですがねぇ。

実際のところは、井手口か高地がボランチ起用かな?とも
思います。センターバックは飯尾、中野でもう一度トライ、
状況を見てテホン投入もいいでしょう。
カイオは左か2トップの一角。カイオと藤田の相性と言う意味で
注目の組み合わせになりそうです。
高地がボランチなら、サイドにアクセントをつける意味でチン
の先発アリだと思います。多分、メンバー落ちを経験したチン
が一番奮起してくれるでしょうから。

 ライン高く、仕掛けていく岸野サッカーにおいて、最終ライン
はカウンターから常に数的不利で守りきる使命をおびている
事は昨年からも明らかです。上がる時間が多いヤナギを除く
飯尾、中野、宮崎が「一人で守り抜く強さ」を意識して、是非
第1節の借りを返してくれる事を期待したいものです。
posted by futre at 17:17| Comment(2) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度!!

さて、大分戦。
ワシも今年の大分、選手は誰がいてどんなサッカーを指向してるのか、殆ど分かりませんが…

ウチのスタメン予想だけで考えてみると…
富山戦は攻撃が淡泊だったのと、CBが相手FWに対して高さ対策で難点が見えたと思うので、この2点を修正する必要があるかな、と思います。

そこでワシが考える対大分戦のスタメン予想。
GK:関
DF:柳沢、朴、飯尾、宮崎
MF:ファビーニョ、高地、カイオ、井手口、寺田
FW:藤田(祥)
大分攻撃陣への高さ対策には朴を入れて、カウンター対策には井手口とファビーニョで。
高地と寺田には攻撃センスを期待して。
システムは中盤は逆台形で。

どうでしょう!??!
p(^^)q
Posted by GOLGO12 at 2011年03月10日 23:04
GOLGO12さま

 コメントありがとうございます。
緊急事態で第2節は中止になりましたが、
藤田(祥)とカイオの縦の関係はアリ
だと思います!
Posted by futre at 2011年03月11日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。