2011年05月02日

第9節 湘南戦あとがき

・ まだまだ3分咲き、でも意思は伝わった。
・ ボリ、自らドン。そして後半、ボリの抜け出し→難波へのクロスも
  良い場面。
・ 前半、アジエルへのファウルで血が凍る。
・ 岸さんは1-0逃げ切りへ着々と手を打っている様に感じた。
・ 藤田、難波、ノザ、前線でボールを持ち込む。
・ テホンの強さ、ヒロシ豹変、マサトの運動量が生きる。

 勝たなアカン、公式戦初勝利!でもまだまだです。
セカンドを取り続け、サイドが制圧し、FWが決める。そして守備
は一人一人が強く守り切る岸さんのサッカーとしては、3分咲きだ
なぁと言う印象です。まだまだボランチが弱い。最終ラインの裏の対
応もまだ弱い。相手のボランチに救われたかなとも思いますし、
アジエル、菊池らに中央を使われる場面もあり、改善の余地はある
感じです。でも、試合後の選手、スタッフ、サポの笑顔を見て勝ち点
3と言う結果が出て良かったと心より思いました。また、勝ち点3を
取る選手の意思が強く伝わってきました。

 キャンプ当初はレギュラーながら、主力の復帰でレギュラーを外され
ていたボリのゴールは見事!二人抜いた次の瞬間、本人から目を切っ
てしまって、ネットが揺れたゴールがボリ自ら打った事を祝福の輪で知
りました。相手を抜く強さは両チームの中でも群を抜いてあったと思い
ます。後半も、右サイドラインギリギリを抜いていき、難波へのアーリー
を放った場面も凄かったです。ギリギリで大井に止められましたが、
大井が一瞬遅れていれば間違えなくゴールでした。ボリはこの試合
一番のMVPだったと思います。

 でも、前半から立て続けにイエローを貰った我々にとって、この試合が
ターニングしなかった(?)ポイントが前半にありました。すでに一枚貰っ
ていたボランチが絡むファウル、しかもアジエルは派手に転倒しています。
トラック挟んでの遠いピッチ内でしたし、ファウルで試合が止まっています
から、2枚目のイエロー提示の場面が目に浮かびました。自分が凝視し
たのは主審の前田さんの右手です。取り出すか?取り出すか?
いや、出さない。注意だけ!そんな前田さんを囲む相手選手。相手選手
の気持ち分かります。この早い時間での数的有利は、ただでさえ押しつ
つある試合を大量逆転勝利につなげる事すら出来るポイントです。
多分、この瞬間が、岸さんのハーフタイム2枚変えを決断させたポイント
だったと思います。

 その謙介(言っちゃった!)のヘディングの好機もあったのですが、
前半は1対0で終了。気持ちが高ぶる謙介の気持ちも買いたいのです
が、早く引っ込めたいと考える岸さんの気持ちはとっても分かりますし
同意です。謙介の代わり、それは本来なら、中央でしっかり相手を潰せる
守備に長けたボランチの選手がベストだったと思います。しかしそんな選
手は今の横浜FCのリザーブにはいません。岸さんは戦い方を変える事を
覚悟して、運動量のある難波とノザを投入します。
この日先発の藤田も加わり、マイボールとなったボールを出来るだけ前線
に持ち込む事で相手の好機を減らす作戦だったと思いました。
更に藤田と難波は、前線から相手の最終ラインを追い回す運動量を惜し
みません。一連の動きはどう見ても逃げ切り(あわよくば追加点)を意識
したものに見えました。
(それは岸さんのインタビューの内容と異なりますが、自分はいつも岸さん
はインタビューで隠し事をする人だと思っていますから。)
特に、後半足が攣るまで走った藤田には頭が下がります。ありがとう。

 反りさんは動ける選手、高さで勝負できる選手を投入しますが、この2戦
ひ弱さと連携の悪さを見せていた最終ラインは耐えてくれました。
序盤から相手攻撃陣へのファーストアタック役、そしてパワープレイも、
しのぎ切った立役者はテホンでは無いでしょうか。飯尾との役割分担がしっ
かりとしてきました。そして左サイドバックのヒロシ(中野)の豹変ぶりには
ビックリです。当たり負けず、上がり、クロスも再三披露します。怪我の癒え
たミヤがこの日リザーブにいましたが、ミヤにとってもライバル意識が高まる、
ヒロシの出来でした。相手を綺麗に止められないブサイク(岸さん談)な守備
でしたが、謙介同様マサトも気持ちを感じました。彼も長い距離を走り続け
てましたが、運動量は最後まで落ちませんでしたし、多少の失敗はありまし
たが自分の持ち場を責任持って守り切りました。

 そんな個々人の底上げと、チームとしての意思統一を感じた湘南戦でした
が、次は好調な鳥取さんです。確実に連勝する事と、そろそろ「安定感」を
見せて欲しいのですが。
posted by futre at 11:09| Comment(1) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度!!
湘南戦は勝ってとりあえず一安心やね。

荒堀はホント、良かった。
全盛期のC大阪MFモリシに、少しダブったようにも見えたぞ(誉め過ぎ…かな?!)

パクテホンと飯尾の連携も悪くなかったし、鳥栖戦から比べると進歩したな。

ただ、まだ課題は山積みだな。
追加点が取れないし、FW西田と難波が不発なのも気になるところ。
守備連携もまだまだ粗雑な点が多いし、少しづつでも向上していかなきゃ。

明日は新加入の鳥取戦。
ここで勝たないと、湘南戦の勝利の価値が半減しちまうな〜。
戸川や吉野、更に元代表の服部や野人岡野もいる。
きっちり勝って、好調のまま栃木戦を迎えなきゃ。
Posted by GOLGO12 at 2011年05月03日 14:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。