2011年05月09日

第11節栃木戦あとがき

・ 若手の糧となるはず。でも、もったいないなぁ。
・ 苦い思いをした二人、でもその後は負けてなかった。
・ 俺達、行けるよ、やれる。
・ 得点を取れるパターンを増やしたい。
・ 藤田の怪我が心配。

 若手には挫折が糧となるはず。それを見守る我々老い先短い
者達にとっては辛い場面だけど、明日の勝利を信じられる内容
だったし。それにしてももったいない負け方だったなぁ。

 序盤の失点場面ですが、少しミヤの対応が遅れ上げられた
クロス、それをテホンがヘッドコントロール誤って枠中に入れたも
のです。ミヤの対応を責められるとは自分は思いません。テホン
も相手FWに打たせなかったのだから。
 でも、この二人を責める気にならないのは、二人がその後もしっ
かりファイトしてくれたからです。サイドはしっかりとした基点となっ
たし、テホンと飯尾のお陰でロボも天敵廣瀬も全然怖いと思いま
せんでした。テホン、ミヤの更なる成長が望める一戦でしたよ。

 前半に空回りしていた謙介と、ボールを触る場所になかなかいな
かった難ちゃんを下げ、チンとノザを投入。これが今期最高にハマる
ナイスなフォーメーションになります。チンと高地が中央で再三飛び
出し、左はノザ、右はボリがえぐり、またはサイドバックもドンドン前
に出られる体制で相手を攻めます。水沼、河原が一人でボールを
持ち込めばどうなったか分からなかったのですが、彼らも基本、後ろ
に叩いて周りの攻め上がりを待つ手法を取ったので最終ラインは安
定していたし、叩いた球をマサトが頂く場面もありましたし。
彼らにロボも加えた、「一人で点を取れる選手達」が突出しなかった
のも規律高く、自分が尊敬する松田サッカーのなせる業なれど、
我々にとって個の攻めが無かった事は良い方向に転がったと思い
ます。試合後、相手のプレスが甘かった(無かった)事を選手がコメ
ントしていますが、今日の様にボールを回せるサッカーが出来れば、
我々はドンドン上に行けると思います。

 試合前のピッチ内アップでどの様な練習をしていたかはこのblog
では書けませんが、その練習の成果は試合では生きませんでした。
でも、監督の点を取るパターンを増やす意思は伝わってきていて、
特に藤田が体を張ることによりもっともっと生きてくる筈だったの
になぁと、ここは少し残念に思います。

 藤田、故障箇所の診断が待たれます。軽症だといいのですが。
カイオが復帰し、カイオワントップの451or433なんてフォーメー
ションが実現すれば楽しみですが、このチームは藤田のチーム
です。彼の頑張りがまた、三ツ沢のピッチに早く(出来れば次節
に)戻ってくれる事で、5月は我々の季節になるんじゃないかと
思うんですがね。

 試合見てて「負ける気が全然しなかった」、そんな敗戦でした。
posted by futre at 15:42| Comment(0) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。