2011年10月20日

4141(よいよい)

 キター(^^)夢の4141!
自分にとっては352と並ぶ大好きな布陣なれど、まさか
今年のメンバーでやってくるとは思いませんでした。
4141の楽しさはジュリオ・レアルが教えてくれました。
前線からの流動性、サイドからの攻撃も楽しめる、
でもキーとなるのはアンカーのポテンシャルで、当時は
素さんの経験が生きた4141でした。世界的な433の
流行もあり、林健太郎や田村雄三、京都さんでも秋本
など屈強な男のこなすポジションと言うイメージでも
あります。
 まずは謙介、凄かったなぁ。ガツガツ行ってボールを
取りに行きます。そしてハチはさすが!彼のコンディション
に関しての言及は避けますが、強い気持ちを感じました。
ハチがアンカーに入ってからのケージの生き生きとした
動き、良かったです!2シャドーの一角に入った謙介も
魅力的、何よりカイオにとってワントップ2シャドーは最高
にやりやすいシステムです。
 ハチ、そしてナベのコンディションが良くなる来年であれ
ば、彼らをアンカーにしてこれを横浜の形としてもいいの
ではと思います。(二人とも調子良ければ、ナベをセン
ターバックに戻せばいいし。)

 岸さんさんにとって、ダブルボランチは不変なシステム
だったはず。そこを動かしたのは田口さんとの議論なん
だろうなと素直に思います。最後に決めるのは岸さんと
言う点は同意。でも決断に至るプロセスは是非複数の
頭脳でやって欲しかった、その効果が見えた昨日でした。
posted by futre at 13:52| Comment(0) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。