2007年03月27日

植木等さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

ショックで何を書いていいやら。

ナイアガラ世代の私は、大滝詠一さん
の音楽を追いかけつつ、自然にクレー
ジーキャッツに惹かれていきました。

初めて買ったクレージーの音源はカセッ
トテープ!当時はそれしか無かったの
です。

CDの出現で手軽にクレージーが楽しめる
時代になって、平成の初めに大ブームに。
でもそれは時代が私達を追いかけたに過
ぎない。そんな優越感を覚えるほど、私は
いち早くクレージーキャッツに嵌っていた
と思います。

ハナさんが亡くなった時も声が出なかった。
植木さんの時も、声が出なかったです。

とにかく、今は静かに冥福を祈るしか
ありません。
posted by futre at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 無責任よ永遠なれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。