2010年09月16日

小川監督代行、代行が取れる?

20100916061029.jpg
 エアポートラウンジにて。人気取りから信賞必罰
に脱却した証でしょうな。うれしいです。
posted by futre at 06:18| Comment(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

真っ白に燃え尽きた

 2位、あわよくば首位を狙える位置から突然の
怪我人ラッシュ。10を超えた貯金は一気に消え
うせ、最後の力を使って何とか3位を確保。
しり上がりの勢いを生かしCSを先勝するも今度
はインフルエンザとは。

 満身創痍の先発メンバー、ピッチャーは緊急登
板、代打もコマ不足の状況では、もう戦う前から
余力は無いってのが本音のところ。


 今期の最後を感じたので、仕事を置いて帰宅し
て最後の皆の有志を見れました。これで最後かも
知れぬセットアッパーの直球が打たれダメを押さ
れ、後は相手は万全の継投。

 岩瀬に30球投げさそうぜ!青木に回そうぜ!
テレビ越しに声をかける自分から見ても、この回
で今年が終わるのは分かっていた。でも、でも
福地が、そして浩康が続く!更には宮本が内野安
打!もうデントナはいないけど、ガイエルまで回
せばと欲張ったところで、今期が終わってしまう
とは。でも岩瀬にはきっちり29球投げさせたか
ら、竜の鱗に爪あとはきっちりつけさせてもらっ
た!

 今年の野球は真っ白に燃え尽きました。
後はストーブリーグ。今年は何人残ってくれるや
ら。金満球団には分からないだろうな。この気持ち。


 何はともあれ、ありがとう、2009年のスワローズ。
posted by futre at 22:37| Comment(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

野球の話は今年はおしまい

 と思ったところで踏みとどまるスワローズ。何とかCSに進んで
欲しい。館山、投げたゲームは全て取ってくれ!
posted by futre at 23:11| Comment(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

3連戦終了。

とりあえず、自分の考えはまだまだ天王山に早いタイミング
の戦いだったので、3連敗を前提にどれだけ上積み出来るか
と言う感じだったと思います。
 相手の御所望のイム・チャンヨンを見せた上での負け越しは
悔しいけど、裏切り者のうち一人を血祭りにしたって意味では
収穫の有る3連戦でした。

 まだまだ2コーナーを曲がったぐらいのタイミングですから、
今の順位より先の成績が優先です。
 今年はクライマックス優勝が目標なので、リーグ戦順位より
手の内を見せない戦いが優先します。

 以上、この3連戦の先が勝負と思う管理人でした。
posted by futre at 00:01| Comment(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

イム・チャンヨン

20090621172410.jpg
 徳島空港搭乗待合室にて。
1点差で登板しつつもタイムリーツーベースを浴び同点。
しかしホームに帰ったランナーはエラーで出塁したため、
またも自責点ゼロ。

 満塁のランナーを背負いつつも中島を抑えやれやれ。

 クレクレタコラに2ゲームに迫るため、裏でサヨナラに
しちゃいましょう!
posted by futre at 17:35| Comment(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

縦縞への憧れ

20090606003237.jpg
 倒壊帝王さまからお勧めされたこの本、先日行った神宮で
買い求めました。何故かお弁当の売店に売っていたため、雨にも
関わらずレジ袋無しで裸のまま渡されたこの本は、妻のバッグに
守られて無事我が家に到着しました。

 好きなチームのユニフォームはたとえ古さを感じさせるもの
でも良く感じるものです。赤い縦縞、また復活しないかな。。。

 記事への印象は、倒壊帝王さまと同じところに食いつきました。
若松、安田、松岡、そして岡田さん。
そしてやはり全選手名鑑は穴が空くぐらいじっくりと見ました。
予想通り、毎年出している選手名鑑の写真だったので、全く
同じ写真が載った名鑑が我が家には一杯あります。じっくりと
熟読玩味していたら、なんと自分の大好きな矢野和哉に森浩二
の写真が。残念。で、森のところを見たら、そこは森の写真が。
そりゃ当たり前ですね。森は露出度二倍で得しましたね。

 今年はなかなか好調なスワローズ、バットぶん投げ兄さん
改め両手でグーおやじにグーの音も出ない様な逆転劇を食らわ
せて欲しいものです。高望み過ぎかな。。。
posted by futre at 21:16| Comment(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

16年ぶりの神宮

20090605162916.jpg20090605162951.jpg20090605163739.jpg
 懐かしい。
posted by futre at 16:40| Comment(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

5分12敗

 今日の残業前の休憩時、横浜熱闘倶楽部の成績(ナビ含む)
を合算すると、表題の成績となる事が分かりました。
もちろん週末は、横浜FCの今期初勝利を期して戦うわけですが、
そこに横浜熱闘倶楽部今期初勝利もかかっては重たいと思い
まずは今日、ベイスターズの勝利を願う自分です。
(私自身は燕党ですが。)

 劣勢ですが最後まで諦めず、勝利をつかんでもらいたいもの
です。
posted by futre at 20:42| Comment(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

若さまが野球殿堂入り

 1978年のヤクルトV1当時、小学3年生の自分が好きだった選
手は若松選手でした。背の低さをカバーする様に外角球に腕を
一杯に伸ばしてセンター返しをする綺麗なセンター前ヒットが一
番好きな彼のヒットでした。イチローの様に野手のいないポイント
に狙って打つと言うよりは、最悪セカンドに取られても一塁は間
に合うと言う計算でセンター返しを試みる彼のガッツが好きでし
た。もちろん、当時からバットに当てると言う技術は球界随一だと
思っていました。
 通算成績で輝くのが生涯打率ぐらい。監督としての実績も併せ
の殿堂入りなのかもしれませんが、自分がリアルタイムで見た
選手、しかも自分が好きな選手の殿堂入りは、とても感慨深い
ものがあります。若さま、おめでとうございます!
posted by futre at 11:01| Comment(2) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

胴上げ阻止は蜜の味

 1986年だったかなぁ。。。
槙原からブロハードが起死回生の一発を放って、ジャイアンツの
優勝を止めた事が未だ記憶に残ります。でもそれ以外の年は
胴上げに立ち会った試合が多いんですよね。。。スワローズは。
(前年の85年なんて、中西に打ち取られた角のピッチャーゴロは
未だに度々放映されている始末だし。。。)

 すでに優勝の目(もしくはCS出場の目)が消えたチームにとって、
胴上げ阻止ってのは(低レベルだけど)目の前の目標に成り得る
と思います。明日からはマジック2のジャイアンツと神宮連戦です。
今日も横浜さんが頑張っていますので、後はタイガースさんが負
けない事を祈りつつ連勝で胴上げを阻止したいってのが燕党の
偽らざる本音だと思います。

 判官贔屓。

 私がスワローズファンになったのは判官贔屓では無く、野球を
見始めたその年に強かったチームだからと言う理由でしたが、
それから長きに渡る低迷期のおかげですっかり判官贔屓が
身についてしまいました。胴上げ阻止こそ弱者の特権ですから。

 子供の頃に読んでいたマンガに、強烈な胴上げ阻止のシーン
があるマンガがありました。
(その本は今実家にあるため、以下の文は記憶で書きます。
よって事実と違う点を多く含みます。)

 水島新司先生の「球道くん」ですが、私はこの本を主役の球道
では無く、その義父の中西大介に感情移入して読んでいました。
彼は奥さんとの結婚の条件で当時身寄りのなかった球道を引き
取って義父となったのですが、性格は豪快無比、そしてスケール
の大きなキャラクターでした。
 結婚当時はノンプロの未完の大器だった彼は、結婚を機に一念
発起し都市対抗野球で大活躍。その実績を買われて弱小球団
「小倉イーグルス」に入団します。連敗続きのチームで一人、
ファイティングスピリッツ豊かに気を吐く彼でしたが、そんなイーグ
ルスに最悪のシチュエーションが訪れます。
 当時最強の阪急ブレーブスがマジックを1とし小倉に乗り込んで
来たのです。3連戦。ひとつ落としても胴上げを目の前で見る状況
で、彼の代打での活躍と富島監督の「全員野球」采配が冴え2連
勝で3戦目を迎えます。
 その3戦目もシーソーゲーム。試合経過は劣勢だった2位チーム
も富島監督曰く「勝って胴上げはさせん」の気合に応え逆転する中、
あとは自分達が勝てば胴上げ阻止達成と言う状況。
 試合終盤で富島監督が投入した最後のベンチ入り投手に、
アクシデント発生!ベンチをまたいだ瞬間に起こしたぎっくり腰
で登板が出来ない羽目に。そこで富島監督はベンチに残る大介を
ピッチャーとして起用します。監督の賭けに応える形で、外野手肩
を活かしツーアウトにこぎつける大介。あと一人は故障を抱える
大隈なので「いける」と思った大介にたいし、阪急上田監督は温存
していた代打の切り札高井を投入。大介の球を飛ばした大飛球
がザル守備で有名だった選手の守る外野へ飛ぶ。その外野手に
細かな指示を与える大介。大飛球は奇跡的にフライとなる。
 その裏の回は3人目に大介が回る好打順。これは敢えてここに
大介を入れた監督のファインプレーなのですが。で、この回に得点
出来なければ阪急の胴上げと言う場面で上田監督は、同じく温存
していたエース山田を投入。本来はアンダースローの苦手な大介
であったが、ここで打たねば男がすたると山田からサヨナラホーム
ランを放ち3戦連続胴上げ阻止を完成させたのです。

 但し、この大介投手起用と成績低迷がたたり富島監督は更迭が
決まり、大介もチームを離れると言う人生ドラマが続くのですが、
この壮絶なシナリオを子ども心に見て以来、胴上げ阻止は自分の
中では大きなものとなりました。

 2連戦。スワローズは意地を見せられるでしょうか?
posted by futre at 20:55| Comment(2) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

スワローズを二度捨てた男

20080827184954.jpg
 と言っても二度の移籍は共に巨万の富と若手の成長をチーム
にもたらした英雄でもあります。
posted by futre at 18:55| Comment(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

今日のyoutube



 今日は、小学生の時の一番鮮烈な思い出を。
ヒーローは全員。劇的な優勝でした。
posted by futre at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

行ってしまうがいいさ!その。。。第何弾???

こちら。

 古田ヤクルト「中規模」補強の象徴、
石井のカズがFAだそうです。

 で、いつもの言ってみましょうか。

行っちまうがいいさ〜!

 メジャーが手に届く現代において、
FAやポスティングはしょうがない
制度なのかもしれませんが、こう毎
年こんな話ばかりではさすがにガッ
カリです。

 プロなんだから、成績で給料を
稼ぐべき。ケガが公傷だったとして
も、その成績に見合わない給料なら
減俸甘んじて受け入れるべき。
宣言するのなら、チームを出るベキ!
 FA宣言するなら、移籍金&人的
補償でチームに貢献しなさい!
そして新チームで良い成績を上げな
さい。メジャーには絶対行く無かれ。
国内球団に行きなさい。

 以上、稲葉の顔を見ると今でも嫌
悪感を感じる私からの御願いです。
 
posted by futre at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

21年前

1986年。敢えて調べものせず記憶で書きましょう。
(記憶違い、抜けてる名前が多いと思います。)
当時は土橋監督ですか。ちょうどファミリースタジアムが
出たときの世代だから、当時のメンバーは初代ファミスタ
のメンバーを思い出せばいいのでしょうね。
一番センター栗山、二番ショート水谷、三番レフト若松、
四番サードレオン、五番ライト杉浦、六番ファースト広沢、
七番セカンド角、八番キャッチャー八重樫。記憶の中では、
実際はブロハードがセンターに入り、ライトは栗山と岩下
の併用で杉浦は半月板か何かを痛めて先発出場は少なかっ
たかもしれない。
右の代打なら小川、渡辺。左なら岩下、高仁、玄岡あたり
が起用されていたかも。先発は尾花、梶間の両エースに高野、
荒木が投げていたのでは。中本、大川あたりが繋いで阿井が
締める投手陣だが、私はエース尾花と、酒井に感情移入して
いたと思います。ビハインドを背負って登板する二人に男を
見ていました。

V1戦士が盛りを過ぎ、ドラフト一位が伸び悩む中だった
し、一番打者が固定できなかった事、三振を取れる絶対的な
抑えがいなかった事、守備に綻びが多かった事など最下位と
いう成績に見合った試合内容が思い出されますが、名前を挙
げるとそれなりに戦えるメンバーに思えるところを見ると、
武上〜土橋と続く暗黒時代を跳ね返すには生半可な勢いでは
ならない事が伺えます。実際、翌年は新人王の荒井と次の次
代を担った伊東昭光、何より三億円男ホーナーを擁して最下
位脱出成るもAクラスには届かなかったのですから。

今年イコール86年と考えてはどうだろう。ポスト水谷、角
を模索していた当時と同様、サード、ショート、セカンド
を若手が争う来年になるでしょうし、ここに今オフに大型
新人や外人で補強できれば。。。ラミレス、ガイエルは当
時のレオンとブロハードの役回りなので、是非残留をして
欲しい。後年に代打に転身する若松役は真中。正キャッ
チャーは川本あたりが育ってくれれば。中継ぎの「ローソ
ン」吉川や花田は酒井、阿井が被ってしまう。ピッチャー、
特にセットアッパーはロケットボーイズが帰ってきても
駒不足は否めないので先発を、特に絶対的なエースを育て
たい。あとは。。。監督だが、育てながらチームをまとめ
られる監督を是非!監督の人選次第だけど、武上〜土橋と
監督経験の浅い人選で采配に幅が出なかった事を考えると
来期は是非経験豊富な監督を!野村ID野球を完全放棄す
るのか、または部分的に残すのかも注目だけど、どちらに
してもベテラン監督の方が安心。最下位を続けると、抜け
出すのは大変。来年は是非、今年の最下位を生かせる成績
を収めたいところです。以上、21年ぶり最下位のスワロー
ズに対する私の思いでした。
posted by futre at 00:20| Comment(2) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

神宮球場(^^ゞ

20070728183441.jpg
 さあ野球観戦!
と言ってもフジテレビ739で(笑)
暑くてバテバテなので、今日はうちでゆっくり
します。さっきまで札幌対鳥栖の試合をスカパー
で見ていたので、そのままスカパーでチャンネルを
探しているとこれに当たりました。
いきなりのガイエルの2ランで、楽しいですなぁ。。。
posted by futre at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

今日のwikipedia

 今日はサッカーの話はお休み。

 お昼休みにwikipediaを見ているうち、ツバメ軍団の
岡田団長のwikiがあって、読んでてジーンと来ました。

 岡田さんと私はもちろん直接の面識は無いものの、
スワローズの東北遠征の時に、彼の近くで応援をし
た事があります。文の通りのべらんめえ口調で、でも
ファンを楽しませようって真意が伝わってきた事を
覚えています。

「たとえ大敗しようとファンに楽しんで球場から帰途に
ついてもらいたい。ファンに喜ばれるというのがオレの
ポリシーだ。強制なんかしねえよ。応援を楽しむこと
によりファンがノって、そのファンの応援で選手をのせ
られれば、最高じゃないか。な、そうだろ?」

 もう、こんな人は出てこないでしょうね。それぐらいの
有名人で、筋の通った人でした。
posted by futre at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

ガトームソンって。。。

 ガトームソン、ソフトバンクに入団ですか。。。
 
ガトームソン、ソフトバンクに

 あぁ。そうですか。。。はぁ。。。


何かいい事無いかなぁ。(T_T)


 
posted by futre at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

紅葉2

20061210152705.jpg
ここは深大寺の中♪
posted by futre at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

さらば、「ガトームソンって。。。」

アクセス解析を見ていたら、ガトームソンの移籍先を
探してこのサイトまでいらっしゃった方が。。。

残念でした。それはまだ誰にも分りません。

個人的には、二桁勝っていないガトームソンに
複数年&年俸大幅アップを求められてはヤクルトと
して「お手上げ」でしょう。

阪神が狙ってる?どんぞどんぞ。

ラミレスはもちろん、リグスが契約にこぎつけそうなので、
まずは一安心。
後はゴンザレスの獅子奮迅の活躍を期待します。
posted by futre at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

日米野球開幕も。。。

日本代表の出場辞退者の多さが騒がれて
いるけど、今日のジャイアンツのメンバー
って。。。

この冠スポンサーさんは、一連のこの
「飛車角落ち」的状況をどう思って
いるのでしょう?

日米野球が日本で見られるのは今年が
最後かも?「飛車角落ち」でも見て
おかなければ!
posted by futre at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球かい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。