2011年03月15日

母の機転 じいちゃんの英断

 兄との会話の中でも「アレより全然大きかったぞ」と言う
コメントがありました。大きかったは地震の揺れ、アレとは
33年前の宮城県沖地震です。

 その時、外出すべく外に出てすぐに揺れに遭遇した自分
は、急いで家に戻りました。家の中ではついさっきまで自分
がいた場所に本棚と大量の本が倒れていたのを発見。
子供心に間一髪を感じつつ、家の中のもう一つの被害で
ある床にこぼれた大量のサラダ油(当時はガラスの一升瓶
だった)をタオルで拭いていました。

 団地内のほかの家へ茶飲み話をしに行っていた母も
間もなく血相を変えて帰宅。自分の無事を確認した後に、
二つの事をしました。
 一つは風呂の残り湯に更に水を足し、お風呂一杯の水
を溜めた事です。魔法瓶も水を一杯に満たしていました。
団地の屋上に給水タンクがあって、停電でモーターが止
まっても暫くは水が出る事を母は知っていたと思います。

 で、二つ目は自分にお使いを頼む事でした。

母「油もお風呂もいいから、急いでお使い行ってきて^^」
自分「なに買ってくればいいの?」
母「パン屋さんで、食べたいパンを何でもいいから一杯
買ってきて!」
自分「うん♪」

 今考えると、最近流行りの「買占め」のハシリなのかも
しれません。子供が買ってくるパンの量なので、実際は
全然買占めには及びませんが、判断早く動いたために
店が空いているうちに紙袋一杯のパンを買えました。
自分が買ってきたパンは、その日から始まったライフ
ラインが切断された被災生活にとって重要な食料と
なった事は言うまでもありません。
魔法瓶の水は飲み水、お風呂の水はトイレ用水となりま
した。
今考えても母の機転は凄かったと思いましたが、先週の
金曜日に帰宅した時、コンビニ弁当4つとカップラーメン
4つがコタツの上にあったのを見て、妻の機転も凄いな
と思いました。(一家における2食分だから、買占めなん
て言わないで下さいね。)

 母とはまだ話せていませんが、金曜日はきっと、近くの
スーパーへ父を走らせたのだろうなと思います。
団地じゃ無いので、お風呂の水は一杯に出来なかったと
思うけど。


 話は少し変わります。

 兄夫婦、両親と安否が分かって、次は親戚の安否を
確認すべく電話を続けた結果、日曜日に親族全員の
無事が分かりました。自分達一族は幸せだと思います。
一番気にしたのは、母の実家です。固まって住む一族
の中で一番海に近く、しかも燃えたコンビナートは目の
前です。

 岩手に住む叔母に電話して、母の実家に住む叔父
一家の無事を知りました。一階は浸水したものの、津波
に家が倒れる事は無かったそうです。
 そこで思い出したのは、40年近く前の母の実家の改築
です。改築をする際、じいちゃんは旧家の敷地を1メート
ル程土盛りしました。土盛りする前の低い地面に土台を
作ったので、土台を盛り土が押えた様な構造になってい
ます。建築工学的な知識はありませんが、津波に家が
耐えてくれて、避難したであろう2階まで水が行かなかっ
たのは、今は亡きじいちゃんの判断が正しかった証拠
だと思います。じいちゃんは役人で、トンネル工事に携
わっていたと聞いています。海が近い場所で何をすれば
いいかを40年近く前に考えたのでしょう。そして叔父一家
は命を救われた訳です。

 今の自分に振り返って考えると、な〜んもやってないな、
と反省させられます。本当に何も考えて無かったなぁと
思ったらひとつだけやっていました。
今の借家は、阪神大震災で一つも倒壊しなかった会社に
よるものです。不動産屋からそう薦められて、そこにしました。
もちろん、それが決める大きな材料となりました。
今回の地震の後、大家さんと話した時、その事を再び
聞いて、思い出しました。
 今後も、後に生きる様な選択を、しっかりとしていきたい
ものです。
posted by futre at 16:33| Comment(0) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

両親、無事。

 たった今、父から携帯電話に留守録が入りました。
父母とも無事との事。少し安心しましたが、被害に
遭われた皆様の事を考えると辛い気持ちになるばかりです。
posted by futre at 09:42| Comment(3) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たぶん無事、であって欲しい。

 危険を省みず、兄達が実家に行きました。
実家は人のいる様子が無く、車も無かったとの事。
隣(叔父、叔母)も同じなので、避難したと思われます。

兄夫妻には感謝の念で一杯なのですが、無事に帰宅
出来る事、そして両親、親族の無事を祈ります。
posted by futre at 01:23| Comment(0) | 生活の中から。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

我が家は無事です。

現在自宅に戻り、妻と一緒にいます。
建物も特に問題ないです。

実家、親族は連絡が通じないのですが、
無事を信じてます。

兄夫婦とは連絡が取れ、無事の様です。
posted by futre at 20:08| Comment(4) | 生活の中から。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坂上二郎さんを偲ぶ

 坂上二郎さんの自分の一番古い記憶は「コント55号のなんで
そうなるの?」です。サイケなオープニング、ステージのセットは
即席で決して派手なものでは無かったけど、子供心に何故か、
大人オンリーのギラギラしたものを感じていました。
(実は収録地が松竹浅草演芸場で、あのギラギラさを出すため
に収録前にストリップをしていたなんて事はwikipediaで知ったの
ですが。勿論、前説代わりのストリップは放映されませんが、
後のカックラキン大放送の枠で深夜じゃ無いなのに大胆ですよね。)
 狂気(失礼!)な欽ちゃんに突っ込みに対しうろたえ、追い込ま
れる常識人の二郎さん。その追い込まれた先に出てくるボケが
すごく面白かったです。その構図は実は、偶然にも「水曜どうで
しょう」のミスターと大泉さんの関係にも似ていて、常識はずれな
企画に対し、どこに行くかも分かっていない大泉さんがボロボロ
になりながらも正論を吐く、そんな笑いが今受け入れられている
訳ですから、コント55号の笑いが今通じないはずは無い、と心
から思っています。

 性格俳優の二郎さんと言えば「夜明けの刑事」。
人情派ながらも確実に犯人を追い込むクールさ、あれも二郎さん
の一面でした。今だとなかなか再放送しませんが、見たいですよね。

 カックラキンの話をしましたが、カックラキンでの二郎さんの芸達
者も凄かったです。歌う、踊る、もちろん、ギャグも。

 コント55号は分かれての仕事が多かったですが、「ぴったしカンカン」
では一緒の仕事でしたね。素人扱いに長けた欽ちゃんでは無く、
敢えて素人側を二郎さんに仕切らせる事で、フジ系欽ドンとの差別化
を図ったのかもしれませんね。

 90年代、21世紀の二郎さんは、ドラマとトーク番組でしょうか。
笑っていいともで、横森良造さんとの絡みを話してくれた時の二郎さん
は、歌が好きで歌手を目指していた時代の事を語りつつも、その時
も伴奏さえあればいつでもどこでも歌える、歌いたいという話を話して
いた記憶があります。

 昭和9年会の輝ける星がまた一つ、流れていきました。謹んで、
二郎さんのご冥福をお祈り申し上げます。
posted by futre at 12:34| Comment(0) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

大分戦、どうでしょう?

 J2からJ1へ、そしてJ1で定着しタイトルを奪取した大分さん。
自分としてリスペクトしているこのチームとの戦いは、まさかの
第2節アウェイと言う事で今年も現地へ赴けず、スカパー観戦
予定です。。。

 第1節の様子は、自分がバタバタしすぎて全然勉強できて
いません。ワントップの451ですか〜西と前俊が縦の関係?
すみません。。。全くの未勉強です。

 逆に横浜の第1節を見れば攻略法は実に簡単で、最終ライン
へ前からドンドンプレッシャーをかけて、特に真ん中でデカモリシ
がセンターバックと競る形にしてこぼれ球を拾う形にすれば
良い感じもします。(って、どっちの味方なんでしょう。。。)

 一昨年の甲府の森田、や福岡の大久保と、ここ数年ラインが
高い形を取る横浜に対し長身のFWを中盤に起用し、セカンド
ボールを拾うやり方をしているチームが多く、それが第1節の
黒部だったと言う訳です。飯尾がラインを統率し、中野の足も
生きるはずの今のセンターバックのコンビ、しかし高さとフィジ
カルを突かれる事となり、黄色信号の状態です。
 
 自分としてはテホンを使って欲しい。ここでテホンを使う気が
無いのなら、本当はA契約のアジア枠選手を獲るべきだったと
思うんですがね〜是非是非テホンを!
テホンと飯尾が不安なら、テホンを一列前のボランチに起用
しデカモリシをケアする事により、ファビーニョも動きやすく
なるし、最終ラインも安定すると思うんですがねぇ。

実際のところは、井手口か高地がボランチ起用かな?とも
思います。センターバックは飯尾、中野でもう一度トライ、
状況を見てテホン投入もいいでしょう。
カイオは左か2トップの一角。カイオと藤田の相性と言う意味で
注目の組み合わせになりそうです。
高地がボランチなら、サイドにアクセントをつける意味でチン
の先発アリだと思います。多分、メンバー落ちを経験したチン
が一番奮起してくれるでしょうから。

 ライン高く、仕掛けていく岸野サッカーにおいて、最終ライン
はカウンターから常に数的不利で守りきる使命をおびている
事は昨年からも明らかです。上がる時間が多いヤナギを除く
飯尾、中野、宮崎が「一人で守り抜く強さ」を意識して、是非
第1節の借りを返してくれる事を期待したいものです。
posted by futre at 17:17| Comment(2) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

第一節富山戦あとがき

・特筆する良かった点はありません。

 「今日の試合はどうでしたか?」
試合後にお会いした方々に、聞いてみました。
皆様思いはそれぞれ。自分も感じた事がありました。
2010年開幕戦の北九州戦。確かにあの試合は勝ったの
ですが、あの時と同じ物足りぬ気持ちになりました。

 各選手がやるべき、戦術理解は明らかに富山さんが上。
だから自分は、昨日勝利を収めた安間さんには心より拍手
したいと思います。そして主審の中村太さん。前評判はと
言うと、東京ヴェルディ対町田戦の主審であり、試合後の
厳しい動画がyoutubeにある様に必ずしも賞賛されたもの
ばかりではありません。しかし自分は固定観念を持たず
観戦しました。基準はほぼ一定でディフェンシブ側のファウル
を取っていましたし、関のPKも迷い無く上げていた事からも
好感を覚えました。自分と同世代の60年代生まれの主審が
少なくなり始めた今般、彼の様な80年前後生まれの主審を
けなさず暖かい目で見ていき、伸ばす努力が自分には必要
だなと思いました。ハーフタイムは彼に拍手しましたが、
試合後は周りの空気から拍手が出来ませんでしたが、応援
しています。中村さん、これからも宜しくお願いいたします。

 横浜側に話題を戻すと、戦術理解が上と自分が思った
富山さんの徹底したキック&ゴーにより最終ラインの裏を
狙った作戦に対し最後まで打開する事が出来なかったな
思いました。昨年からの敗戦パターンが見事にはまる内容
です。

 相手に手を焼く→ミスから失点→リザーブ投入も流れ変わらず
→スタンド(ゴール裏以外)からネガティブな雰囲気→敗戦

 今回の試合後コメントは、岸野さんもサッカーの事を話して
種明かししてくれています。今年も昨年と同じく、選手全員を
岸野流に染め上げる必要があります。そして、センターバック
には一人、しっかりと跳ね返せるパワーのある選手がいない事
には、富山さんの様な戦い方に再び屈する事になると思います。
テホンの成長に期待したいところです。

 ハーフタイム、渡邊に声をかけました。
「渡邊さん、待ってますよ!」
ナベ、ハチ、タケ、彼らの復活も待たれます。

 まあある意味、昨年みたいに勝たなかった分スッキリしました。
昨年の様に連敗が長くなる事は無いでしょう。
posted by futre at 17:49| Comment(2) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

ニッパツ三ツ沢球技場

20110306111207.jpg
良い気候です。
posted by futre at 11:28| Comment(0) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

某所着

20110305124231.jpg
 いろんな意味で楽しみです。
posted by futre at 12:43| Comment(0) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

啓蟄を前に

 今日はサッカーを見に行きます。
posted by futre at 11:57| Comment(0) | サッカーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。